ブログ

ブログ

シール印刷の説明<調色について>

今回は調色についてすこしお話したいと思います。

 

調色とは色と色を混ぜて違う色をつくることをいいまして

例えば、 黄色 みたいな感じです。

 

gg3Ud015sdfff6qb00ug_1dzgw6

 

緑色といいましても

青に近い緑色。

黄色に近い緑色。

と、色の種類というのは無限にあります。

i8dUd0154mkamkcyoicz_jn3js8

これがインクです。

インクの種類というのは現場に無限にあるわけではないので

限られた色のなかで職人達が混ぜて作っていきます♪

 

g30Ud015sz8cp249eyxz_4vntjv

それでは

今回はこの緑色に合わせてシールをつくっていきたいと思います♪

1f3Ud0156b5pawgx35iv_ynfzkc

まずは黄色

f9fUd015179shcfu4gy55_4koc4i

グリーンを足します。

今回指定の緑は明るい薄めの色なので

青ではなくグリーンを足します。

 

さらにそこに色を薄くさせるため

メジューム(水彩絵の具でいう水の役割のもの)を足していきます。

b9fUd0151j1c2h2ivd21i_2mysao

色の見本と比べてみると・・・

インク自体とはだいぶ違う色をしていますね。

でも実際に印刷してみると↓

8cjUd0151o7bmvo0hhxpi_43q573

bb2Ud0151lov7eao3k38j_jdhxwe

すこしまだ青化が足りなく黄色っぽいのがわかりますでしょうか?

あと、くすんだ感じもすこし足りないか・・・

・・・写真じゃちょっとわかりづらいですね笑。

1faUd01518la9z2919vew_uzttaa

グリーンをほんのすこーし足しインクの量等を微調整したのがこちら♪

 

どうです?

ばっちり同じ色になってるでしょう?♪

・・・調子にのりました笑。

 

と、このようにして色を合わせてシールを完成させています。

 

今回は上質紙というものに印刷しましたが

同じ指定の色でも紙の種類が変わると色が合わなかったりするので

その時はインクの配分を変えたりしてまた色を合わせていきます♪

 

修行を積んだ職人達が

指定の色にしっかりと合わせた安定した製品をお届けいたします♪