お見積り依頼

WORKS
制作事例

アート紙のシール

「アート紙を使って、高級感のあるシールやラベルを作りたい」

「アート紙を使うとどのような仕上がりになるの?」

「印刷の注意点や、どこに依頼したらよいか知りたい」

表面に光沢があり、なめらかな質感が特徴のアート紙。シールやラベルにもよく使われる素材です。高級感のあるシールを作るために、アート紙を使うことを検討している人もいるのではないでしょうか。

この記事では、アート紙を使ったシールについて紹介します。シールとして印刷する際の注意点や、他の素材との違いも紹介するので、素材選びの参考にしてくださいね。

 

 アート紙とは

アート紙とは、化学パルプ100%の上質紙をベースに塗料を施した塗工紙です。

塗料を施すことで、上質紙よりもなめらかさやツヤ、白さのある素材となっています。

 

光沢性の高さ

アート紙の特徴は、何と言ってもツヤのある光沢性です。光沢性が強く、高級感のある質感はアート紙ならではといえます。光沢性のある素材を探しているときにうってつけです。

 

印刷の再現度が高い

塗工のない上質紙と比べ、発色が良く色や文字がきれいに印刷できるのも特徴的。濃い色も強い色もはっきりと印刷しやすい素材です。カラー印刷や特色印刷などにもよく利用されます。

 

アート紙を活用したいシーンは?

アート紙はシーンを問わず、さまざまな用途で使われる素材です。中でも、ポスターやパンフレットの表紙など、特別感を出したいシーンに役立ちます。光沢のある素材がより目を惹くでしょう。

光沢感に加え、印刷したときの発色の良さを活かしたいところ。カラー印刷や特色印刷をしたいときにも役立ちます。写真やイラストも綺麗に印刷できますよ。

 

シール・ラベルにも

アート紙はシールやラベルによく使われる素材です。販促用のステッカーやノベルティシールといった、ブランドや商品をアピールしたいシーンで、発色の良さや光沢感のある質感が際立つでしょう。

アート紙単体だけでは耐久性や耐水性がないため、食品や化粧品のラベルといった水がかかることが想定されるシーンでは、ラミネート加工で耐久性をプラスするのもおすすめです。

 

ミラーコート紙・上質紙と比べると

アート紙と同じ塗工紙であるミラーコート紙と、アート紙のベースとなる上質紙もシールやラベルによく使われる素材です。そこで、アート紙とそれぞれの素材を比較してみました。

名称

特徴

光沢感

アート紙

上質紙に加工を施した塗工紙。表面がなめらかでツヤがある。印刷の発色がよく、汎用性が高い素材。

あり

ミラーコート紙

上質紙に加工を施した塗工紙。表面がミラー(鏡)のように反射して光って見える。アート紙よりも光沢が強め。

あり

上質紙

100%化学パルプの印刷用紙で、加工はされていない。ボールペンや鉛筆で表面に筆記可能。

なし

 

アート紙のシールを制作するには

発色が良くカラー印刷や特色印刷にもおすすめのアート紙。しかし、一般的な家庭用インクジェット機での印刷はおすすめしません。表面にコーティングされた紙のため、コーティング剤がインクをはじいてしまい、うまく印刷できないケースが考えられるためです。

アート紙での印刷時には使用機器の取り扱い説明書をよくお読みください。また、機器によっては印刷可能な用紙の厚みに制限があるため、ラベル用紙での印刷ができない機器ではアート紙での印刷を避けてください。

 

アート紙のシールなら創美へ!

しっかりとした光沢感とツヤのあるアート紙は、シールやラベルでインパクトを出したいときにおすすめの素材です。アート紙を使って、他にはないオリジナルシールを作りましょう。

表面に加工が施されたアート紙への印刷は、家庭用インクジェット機ではイメージどおりにならないケースも考えられます。印刷する前にプロに相談できると安心ですよね。

印刷会社の創美は、アート紙のように光沢感のある素材の印刷実績も豊富です。ご提案から製造・納品までトータルでお任せいただけます。

見積依頼は無料です。シール・ラベルの素材選びに迷っているデザイナー様、小ロット発注もぜひご相談ください。

制作事例一覧に戻る トップページに戻る

商品メニュー

お電話はこちら

お見積り依頼

TOP▶︎