お見積り依頼

WORKS
制作事例

ミラーコート紙のシール

「カラー印刷をしても発色の良い素材を使いたい」

「ミラーコート紙とアート紙、上質紙の違いは?」

「シール・ラベルの素材としてミラーコート紙を使用したいけれど、どこに依頼すれば良いの?」

ミラーコートとは、紙の表面に施すツヤのある加工のこと。光沢感の強さを活かし、ミラーコート紙をシール・ラベルの素材として使ってみたい人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ミラーコート紙を使ったシールの特徴について紹介します。

 

ミラーコート紙とは

ミラーコート紙のベースは、100%化学パルプの上質紙となっています。触れると少しざらつきのある上質紙の表面に、加工を施してなめらかなツヤをプラスした塗工紙です。同じ上質紙をベースとしたアート紙と比べると、少しツヤや光沢が強くなっています。ツヤのある表面がミラー(鏡)のように反射して見えることから、ミラーコートと呼ばれています。製造メーカーによっては、キャストコート紙やグロス紙などと呼ばれることもあります。

 

写真を印刷したいときにも

インクが沈みやすい上質紙と比べて、表面に加工がされたミラーコート紙は発色の良さが魅力です。印刷の再現性の高さがあります。写真やイラストなど、フルカラーでの印刷が必要なときに重宝するでしょう。

 

高級感のある質感

印刷の仕上がりの美しさと光沢のある質感は、特別感や高級感を演出したいときにもぴったりです。

 

ミラーコート紙を活用したいシーンは?

ミラーコート紙は幅広い用途で活躍している素材です。特に雑誌やパンフレットの表紙、ポスターなど特別感を演出したい部分にぴったりです。

 

シール・ラベルにも

ミラーコート紙はシール・ラベルにもよく使われています。強い光沢感は、ステッカーや商品ラベルといった、ブランドや商品をアピールする用途にぴったりです。成分表示シールや内容表示シールに使うのも良いでしょう。

 

アート紙・上質紙と比べると

一方で、上質紙がベースとなっている素材にはアート紙もあります。ミラーコート紙とアート紙、ベースの上質紙の特徴を比べてみましょう。

名称

特徴

光沢感

ミラーコート紙

上質紙に加工を施した塗工紙。表面がミラー(鏡)のように反射して光って見える。アート紙よりも光沢が強め。

あり

アート紙

上質紙に加工を施した塗工紙。表面がなめらかでツヤがある。印刷の発色がよく、汎用性が高い素材。

あり

上質紙

100%化学パルプの印刷用紙で、加工はされていない。ボールペンや鉛筆で表面に筆記可能。

なし

 

ミラーコート紙のシールを制作するには

ミラーコート紙は、表面にコーティング加工がされているため、一般的な家庭用インクジェット機での印刷はおすすめしません。コーティング加工がインクをはじいてしまいやすいからです。

ミラーコート紙での印刷は、事前に使用機器の取り扱い説明書をよくお読みください。なお、機器には印刷可能な用紙の厚みに制限があるため、ラベル用紙が印刷できない機器ではミラーコート紙での印刷は避けてください。

 

ミラーコート紙のシールなら創美へ!

表面になめらかなツヤがあるミラーコート紙は、シール・ラベルの素材におすすめです。デザインや用途にあわせて、ミラーコート紙を使ってシール・ラベルを作ってみましょう。

ミラーコート紙への印刷は家庭用のインクジェット機では難しく、失敗してしまうケースも考えられます。イメージどおりに印刷できるよう、デザインや素材選びについてプロに相談できると安心ですよね。

印刷会社の創美は、ミラーコート紙のように表面加工がされた素材の印刷実績も豊富です。ご提案から製造・納品までトータルでお任せいただけます。

見積依頼は無料です。シール・ラベルの素材選びに迷っているメーカー様や企業様、小ロット発注もぜひご相談ください。

制作事例一覧に戻る トップページに戻る

商品メニュー

お電話はこちら

お見積り依頼

TOP▶︎