information

初めての方へ

img01

みなさんはシール・ラベルと聞いてどのようなものを思い浮かべるでしょうか…。
様々な商品の表示・値札など数多くあると思いますし、どこまでがシールなのかわからないというのが殆どだと思います。

現在ではただ貼るというものだけではなく、バーコードに代表されるような情報を伝達するためのもの(ICタグ)や、
シール・ラベルとは呼べないようなフィルム加工製品など多くの分野で幅広く利用されています。

私どもではこれらのようなシール・ラベルを利用される方の身になり、機械の技術のみに頼らず、
人が生み出す技術・創造力を取り入れ、効果的に、使いやすく、より表現力のあるシール・ラベルを提供できるようにと、
会社の経営理念のもとでスタッフ一同日々努力しております。

txt002

ご注文の方へ

【STEP1 お見積もり】 

シールの種類などご相談ください。
・どのようなシールを作りたいかお聞かせください。
シールは使い方によって材質や糊など組み合わせが変わります。
・どのような用途でシールをお使いになるのかお聞かせください。
専門家の立場からアドバイスをいたします。

材質、印刷の色数、大きさ、数量などがわかればお見積りいたします。
お気軽にご相談ください。もちろんお見積りは無料です。
また福岡市内の方はお打ち合わせに行くことも可能です。
遠方の方は、メールや電話・FAXにて対応いたします。

お問い合わせフォームはこちら
お電話・FAXでのお問い合わせは
TEL:0120-46-5517(8:30-17:30)FAX:0120-46-5547

【STEP2 データ作成・印刷】 

データの作成・印刷・見本
デザインのデータがある場合は、メールまたは郵送にてお送りください。
届き次第、内容確認をいたします。校了後、印刷をいたします。

・下記の「データ入稿について」もお読みください。
・自分で簡単に作れる「ぷりけん」も是非ご検討ください。
ぷりけんについてはこちら

【STEP3 納品】 

シールラベルの完成!納品いたします 。
シールができました。お届けいたします。
できましたシールは、運送便を使ってご希望の場所へお届けいたします。

代金については、郵便振替となりますので、お近くの郵便局をご利用ください。

データ入稿について

取扱注意点

データはイラストレーターもしくはフォトショップ(いずれもAdobe社)で作成してください。
(イラストレーターCS6以下のバージョンにご変換ください。)
それ以外のソフトの場合、シール用のデータに変換する必要がありますので、別途料金がかかります。

・Adobe illustrator についてはこちら
・Adobe photoshop についてはこちら

データの作成について

「トンボ」があればラベルサイズがはっきりしますので、つけてください。
また「塗り足し」もお願いします。

文字及び画像について

文字は「アウトライン」を忘れずに。
データ入稿で忘れがちなのは、文字の「アウトライン」化。せっかくのデザインが変わってしまうかも。
またフォトショップの場合は解像度を350dpi以上で制作してください。

データ入稿方法について

郵送の場合はCD・DVDなどのデータ保存したメディアとプリントアウトしたものを同封してお送りください。

データ容量が5MB以内の場合はメールでもOKです。メールの場合はなるべくデータを圧縮して(ZIP、LZH、SIT形式)送信してください。圧縮しなかった場合、データが破損することがあります。

※圧縮するソフトは無料でダンロード出来ます。
詳細はこちらを確認ください。→ Lhaplus

手書き入稿の場合は

手書きの場合はデザインイメージと記入内容事項などを明記し、FAXかメールまたは郵送にてお送りください。その原稿を元にシール用のデータに制作しますので、ラフデザインはできるだけ詳しくお描きください。データ作成料が別途かかりますので詳しくはお見積りいたします。

シールラベルの素材と糊について

素材原紙やインクの材質を選ぶことで、耐光・耐熱・耐冷など様々な用途に対応でき、お客様に、ロゴマークや書体・色などをご指定いただくことももちろんOK。
店名・商品名や製品を飾る便利なツールとして、またバンパーステッカーやウィンドウステッカーとしてもご利用ください。

シール・ラベルは基本的に表面素材・糊・剥離紙の3層で構成されています。
それぞれに種類があり、要求される性能に合わせ組み合わせを選択いたします。組み合わせの目安として

1.どんなものに貼りますか?
2.屋外、屋内のどちらで使いますか?
3.貼ったままですか? 後から剥がしますか?
4.水に濡れる場所で使いますか?
5.ラベルが使われる温度環境は熱い、冷たい、常温ですか?

シールラベルのメリットとデメリット

パッケージ部材としてシール・ラベルをご検討いただく参考にしてください。

【メリット】
1.初期費用が安価 …他の印刷物に比べ、印刷に必要な部材が安い。
2.少ないロットで作成可能…1枚からでもOK。
3.短納期…数量によりますが、校了後7~10日ほどでできます。
4.異なる素材と組み合わせできる…貼り付けることで単一素材にない効果があります。
5.印刷・型抜き・箔押し・ラミネート加工が1つのラインでできる…だから安くて短納期
6.既製品もオリジナルに早変わり…既製品の包材に貼るだけでオリジナル商品になります。
新商品や数が少ない商品のリスクとコスト軽減に。
7.商品に貼付できる…POPやワンポイントとして販促に活用できます。

【デメリット】
1.貼る作業が必要
10万以上の大ロットになると、フィルム袋・シュリンク・箱などに直接印刷したほうが安価
2.印刷の表現性がオフセット印刷に比べ粗い…グラデーションやきれいな写真の印刷は苦手
3.サイズに制限がある…機械によりますが、250×180mmらいが限度