ブログ

ブログ

新入りのK、修行中です。

初めまして。新入社員のKといいます。

こういった仕事は未経験で入社し、右も左も分からない状態でしたがベテランの先輩方に教え込まれております。

自分は抜き加工の機械を担当しており、試行錯誤を繰り返しながら機械を動かしています。

シールに綺麗な切れ目を入れる為には刃を入れる位置、角度、圧のかけ方において、

どれもとても慎重な作業を必要とします。

現在特に苦戦している作業は刃のかける圧の強さです。

強すぎてしまうと刃がシールのさらに下まで貫通してしまい、

逆に弱すぎるとシールとして使用する部分と不必要な部分がくっついたままになってしまいます。

image2

このシールの下に敷く板で圧の細かい調整を行うのですが、これがとても敏感なのです。

調整はこの板にテープを貼ったり、薄く板を切り取る、削る…といった感じです。

image1

このように部分部分に調整を行い、シールを実際に剥がす、剥がした跡を見る等、確認を行います。

調整には時間がかかってしまいますが、綺麗なものが出来る様に作業を進めています。

まだまだ修行中なのですが、技術を磨いて一人前を目指し努力中です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。